東大生のツラツラ

東大の授業の様子や自分が普段考えたことをツラツラと綴っていきます。読者登録やコメント等とても喜びます笑

寒川神社⛩

  f:id:healtper:20191101212905j:image

こんばんは!

 

今週1週間みなさんお疲れ様でした。。。!

 

本当に疲れたので今日の実習先の神社の写真を軽く貼って終わります🙇‍♂️

 

今日は午前から授業で午後から実習という予定でした

 

ただ木曜日の夜、課題のおかげで夜遅くまで寝れずにやるという始末、、、。

 

そして僕は宿題が終わった瞬間アラームを設定せずに寝てしまったのです。

 

夜更かし+目覚ましなし=終わり

 

この法則により僕は無事遅刻をし、起きたら12時ぴったりでした笑

 

とりあえず神奈川県に向かわねばならないので海老名の方まで電車で向かいます。

 

最寄り駅までダッシュ、この時点で今日の僕のライフは半分削られました。

 

ちなみに今日は神奈川県寒川町に行ってきました!

 

 

www.turatura.jp

 

1ヶ月くらい前にこの授業について書いたのでよかったらみてください!

 

湘南がテーマなのですが下の写真の黒枠で囲ってある場所が湘南です。

 

 

f:id:healtper:20191101211157p:plain

qgisというソフトを使って表示しています。

 

え、黒枠のところが湘南なんですか!?

 

しょうなんです!!!!!!

 

 

 

平均気温が5度下がったところで今日行ってきた神社の写真を貼りたいと思います。

f:id:healtper:20191101212933j:image

f:id:healtper:20191101212945j:image

f:id:healtper:20191101212955j:image

 

ここ寒川神社は神奈川県でも有数の参拝客を誇る有名な神社だそうで、元旦は初詣のために駅から神社までずらっと人が並ぶそうです!

 

写真を見てもらったらわかりますが、とても厳かで立派な神社ですよね。

 

教授の弟さんがここの神社で働いている方だったので僕たちが神社についたらもう閉館の時間にも関わらず禁足地という神社の裏の山手まで連れて行ってくださりました。

 

とりあえず、神社の由来などの話をしてくださる方の大変ありがたい話が非常に長く、神社を回るだけで一時間かかっていました。

 

大変ありがたいのですが、めちゃくちゃ疲れましたね。

 

ありがたいんですけどねえ、うん。

 

そして禁足地の写真がこちらです!

f:id:healtper:20191101213040j:image

f:id:healtper:20191101213049j:image

 

めちゃくちゃ綺麗でした😙

 

裏の山を歩く時もいろんな約束事があって、神様の真後ろを通るときはそちらの方向を向いて一礼するとか。

 

山を歩くときは神様の空間なので座るのは失礼にあたるのでベンチ等は置いてないとか。

 

そして、上の写真のお庭のような場所は人間の場所(?)らしいのでベンチを用意してここでようやく休んでもらう、とかとか!

 

ほんとはこの禁足地に入る前もいろいろなお祓いをしないといけないそうですが、閉まっていた時間なので今回は特別に何もせずに入れさせてもらいました。

 

そーゆーのアリなんだな、と不躾にも思ってしまう私なのでした笑

 

そして1時集合で寒川町を歩き回って神社も見終わって解散した時間が5時。

 

ひっっったすら歩いたのでめちゃくちゃ疲れました🚶‍♂️

 

帰りに下北沢にある煮干しラーメン『凪』というお気に入りの店によったのでその写真をアップして今日はおしまいです。

 

f:id:healtper:20191101213704j:image

 

ちなみにどちゃくそに美味しくて新宿にもあるのでぜひ行ってみてください!!

 

今日はたくさん写真をアップする回だったなあ、自分としては珍しいです!

 

明日は夜の寝る前の読書についてにでも話そうかな!

 

ここまで読んでくださってありがとうございました🤗

 

また明日!

今日の授業〜主役はダンゴムシ〜

 

 

ハッピーハロウィン!🎃

 

ハロウィンを満喫できるほどの時間の余裕が今週に限ってありません😇

 

テストや課題が雪崩のように押し寄せてきて、潰されそうなところをなんとか踏ん張っています。

 

今回のブログでは授業の様子を書こうかなと思います!

 

 

 

今日は東大構内にある池に行って土壌生物の調査というものをしてきました。

 

東大の池?

 

東京大学のキャンパス内にある池と言えばみなさんご存知ですよね? 

 

 

 

 

 

 

そうです!あの『三四郎池』です!

 

アイドルの嵐、バンドのサザンオールスターズ、そして池の三四郎池。

 

 

 

。。。

 

 

 

 

 

 

はい。

 

 

 

ちなみに三四郎池はもともとこのような名前ではなく、お笑いコンビの三四郎が由来になっています!

 

な訳あるかい、歴史浅すぎやろ。

 

本当は夏目漱石の書いた「三四郎」という作品のなかで出てくる池なのでこのように呼ばれるようになりました。

 

f:id:healtper:20191031200023j:image

これは三四郎池の前で無駄に神々しい友達です笑

 

さて、わざわざこの池に来てなんの調査をしに来たのかと言うとですね。

 

先ほど土壌生物の調査と言いましたが、土壌生物というのは文字の通り土の表面または中にいる生物のことです。

 

身近な例を出すと、ミミズ、ムカデ、ダニ、線虫などです!

 

f:id:healtper:20191031195727j:image

足跡にどれれだけ生物がいるかの図です!

 

無限にいます笑

 

ちなみに僕たちの班が今回調査するのはダンゴムシです!笑

 

あの小さく丸くなるやつも普段は落ち葉の下などに隠れています。

 

そいつの個体数を調べようという小学生でもできるんじゃないかという実習です笑

 

ただ小学生と違うところは何か仮説を立ててその調査をし、統計的な処理を用いて結論を出すということです。

 

統計的な処理というと難しく感じるかもしれませんが、統計学の知識を用いて調査で得られたデータにどんな意味があるのかを確認するというものです。

 

この統計学という分野が発達しなければ今の科学はなかったと断言できるくらい重要なのですが、この話をしだすと止まらないのでここで赤信号です。

 

では調査の仮説と手段を順に説明しようと思います。

 

仮説

 

こうやって仮説って書くとめちゃくちゃかっこいいですが、僕たちの仮説は「落ち葉が多いところほどダンゴムシが多い」です!!!!

 

おおお、でもやっぱりかっこいいですね(棒読み)

 

こんなん当たり前じゃねと思う方、わかります。

 

当たり前だと僕も思ってるんですもん。

 

まあそれは置いておきましょ、次は調査方法!

 

調査方法

 

f:id:healtper:20191031195806j:image

三四郎池の周りはこんな感じで自然いっぱいです^_^

 

調査する場所はスダジイとヤブツバキという樹の下です。

 

あ、ちなみに樹という漢字は生きている木にしか使いませんが、木は生きていても死んでいても使えます。

 

なのでその辺に生えてる樹を切って机にしたらそれは樹ではなく木になります。

 

なんの話や笑

 

そしてスダジイかツバキの”樹”の下に行って土の硬さと斜面の角度を計測します。

 

この斜面の角度なんですが、iPhoneの元から入ってる「計測」というアプリを使えばできるのでなんと便利な時代になったことか。。。。

 

って教授が言ってました笑

 

そしてダンゴムシを数える方法ですが25cm × 25cmの区画を作ってその中の落ち葉などをどかしながらダンゴムシを数えます。

 

そしてこの区画を真隣に作ってもう一回数えます、一本の樹の下では計2箇所の区画を作るということです。

 

そしてですよ、ここからがミソです、味噌団子です。

 

その二つの区画のうち一つの区画に落ち葉を3cm盛ります!

 

魔法の料理完成です。「ダンゴムシの数え方〜3cmの落ち葉を添えて〜」

 

そしてこの料理を終えた1週間後にまた来てデータを取るという仕組みです!!

 

もちろん今日は調査の段階でしたのでまだ結論は出ていません、統計的処理をした結果が出たらまたそれについて書きたいなと思います笑

 

なんでこんなことするの?

 

 

さて、なんでこんな幼稚な作業をするのかというと来年の卒業論文に向けた練習が主な目的です。

 

今いった調査の方法などは全部自分たちで考えたものなのですが、例えば重要なポイントの一つに2つの区画を真隣にしたことがあります!!

 

今回の落ち葉3cm盛り合わせのソテーは風に飛ばされちゃうんじゃないかと思う方もいるのではないでしょうか?

 

これは隣に区画を置くことで飛ばされてもいいようになっています。

 

なんて説明したらいいんだろう、飛ばされて落ち葉がなくなったとしてもそれは隣の区画も同じくらいの風に吹かれてるはずなんですよね。

 

この同じ影響を受けているというのがミソで生態学では同じだけの撹乱を受けていると言います。

 

比べる対象間で同じ影響を受けてるなら実験の結果に影響はないと考えるんです👀

 

さて、こんだけ長々と書いてますが全く結果が出ないのも一興でしょう!(保険をかけておく)

 

いい結果が出ることをみなさん期待しておいてください笑

 

今日はなかなか硬い文章だったかな?

 

大学の様子が一番読んでて面白いというめちゃくちゃ嬉しいコメントを頂いて、それから大学のことについてたくさん書きたくなったんですよね笑

 

他にもいろんなことを書いていきます!

 

ここまで読んでくださってありがとうございました😊

 

また明日!

イヤホンは諸刃の剣!?

こんばんは!

 

今日は実験が遅くまであって課題もあるので図書館に来ています。

 

図書館で周りの人にウルトラタイピング音を聞かせることで威圧しています。

 

f:id:healtper:20191030205055j:image

 

写真見てもらえばわかる通り完全に威圧成功です。

 

そういえば僕がハマってるアイテムでBluetoothイヤホンがあるんですが、これ本当に携帯から伸びるコードがないし、使わないときは首にかけて留めておけるのめちゃくちゃいいですよね。

 

今も音楽を聴きながらこれを書いています。

 

皆さんは日常生活でイヤホンを使っていますか?

 

せっかくなら東大生らしい記事を書きたいので今日は勉強の時にイヤホンをつけながらイヤホンを使うのはどうなのか、自分の考えを書いていこうと思います。

 

てことで今日は勉強のお話です!今思うとあんまりしたことなかったと思うので!笑

 

イヤホンは諸刃の剣?

 

f:id:healtper:20191030205750j:image

 

特に高校生までの方々に向けた話になるのですが、勉強と一口に言っても目指すものが2つあると思ってます。

 

1つが知識の定着を目指す、いわゆる皆さんが想定する勉強のことですね。

 

学校で出された課題や明日の授業の予習、来週の定期テストのための暗記など普通の勉強です。

 

そして二つ目が、本番を想定した勉強です。

 

本番っていうのは学生にとっては入学試験のことになると思います。

 

具体的には過去問演習とか模擬試験とかかな?

 

そりゃこれも一つ目に言った知識の定着も目的ですが、それより大切な本番を意識した”練習”の意味合いが強いです。

 

さて、イヤホンの話に戻りますがもちろん二つ目の勉強の際にイヤホンを使って音楽を聴きながらやるのは禁止、禁忌、禁断の3禁です。

 

串カツの2度漬けは禁止ですが、6度漬けは3禁なのでそれくらいやってはダメです。

 

入試でイヤホンをつける人は人生をかけたボケをしすぎです、もっと他の場所で笑いを取りましょう。

 

では一つ目の勉強はどうでしょう?

 

知識の定着や問題の演習の際、音楽は邪魔になるでしょうか?

 

結論から言うと、僕は自分の世界に入るための手段としては大いに”あり”だと思っています。

 

一つ目の勉強に関しては結局知識を頭にどれだけ効率よく詰め込めるかが勝負な訳です。

 

そのために自分のコンディションを高めることがめちゃ大事で、それは人によって異なります。

 

お菓子を食べるとかちょっと運動するとか。

 

その中に音楽を聴いて気分を上げる、みたいなのもあって然るべきです。

 

ですが!

 

ずっと音楽を聴きっぱなしにするのは考えものです。

 

「聴く」という行為は漢字の意味どおり、音楽に意識を集中させていることを意味します。

 

その状態で勉強しても効率がいいとは思えません、そしてその状態を危惧して「音楽を聴きながら勉強をする」ことに不信感を抱いている人が多いのだと思います。

 

なので音楽を聴いて集中できるモードに入ったら聴くのをやめるか、bgmに適した音楽を"聞く"かどちらかにするのがいいと思います。

 

これなら諸刃の剣の良い面だけをとれています。

 

余談ですが、諸刃の剣の「諸」は諸々とかよくいうように「多くの」という意味を持ちます。

 

諸刃の剣は包丁みたいに片方だけが切れるんじゃなくて、両面とも切れるので自分にとっても危ないよ、という意味で使われるんですね。

 

f:id:healtper:20191030210125p:image

 

これ、今日のへえポイントです

 

音楽を聞かないと集中できない、という状態になるのが一番厄介なので聞かずとも集中できるよう訓練するのが望ましいと思います。

 

ただこの文章を通して伝えたいのは音楽はやっぱり聞かない方がいいよね、ってわけではなくそれぞれの目的にあった手段を考えようねって話です。

 

勉強で練習を意識するのか、定着を意識するのか。そして定着を意識するならどの程度イヤホンに頼るのか。ということですね。

 

そろそろ受験ですね(しみじみ)

 

冬になると毎年大学受験のことを思い出します、大学受験は冬の季語でいいレベルです笑

 

今年受験の方は音楽にたよる勉強はやめて常に本番を想定した方がいいでしょう。

 

この考え方は、受験生以外にも通用すると思ってまして。

 

例えば電車の中で音楽を聴きながら本を読もうとすると、なかなか本の中身が頭に入ってこないなんて事ありませんか?

 

読むという行為は能動的ですが、聞くことは受動的ですので音楽の方に意識が持っていかれがちです。

 

本を読む時間を設けたい人はイヤホンを外してじっくり本の世界に入り込んで降り過ごしましょう。

 

ちなみに僕がオススメする作業効率の上げ方は、休憩時間にわざわざ外に出てコンビニに行くことです。

 

結局机でお菓子を食べたりすると、気分は勉強のままですのでリフレッシュが完全にされない気がするんですよね笑

 

外の空気を吸うのは案外頭がさっぱりします。

 

よければ取り入れてみてね。

 

勉強のことについて自分の考えを書いたことがあんま無かったのですごい新鮮でした😆

 

ここまで読んでくださってありがとうございました😊

 

また明日!

 

 

 

36度!暑い?ぬるい?

こんばんは!

 

今日はめちゃくちゃ課題に追われている、かつ大学が一番最後の時間まであったという地獄だったのでこれを書き終わったら急いでやらないと笑

 

そして今日のテーマは授業中の教授の雑談で出てきたことについて話そうかなと思います。

 

f:id:healtper:20191029204952j:image

ちなみにこれは全く違う授業の今日のスライドです、板書するのが面倒だったので写真撮っちゃいました🤳

 

 

日本にはお風呂に浸かるという文化がありますが、だいたい温度は40〜42くらいじゃないですか?

 

お風呂に入る理由は「温まりたいから」ということがメインなので体温よりもかなり高い温度でお風呂を沸かしますよね。

 

例えば家に帰ってきてあなたお風呂沸いてるわよ〜。って奥さんが言ってくれるとするじゃないですか。

 

そしていざ入って36度だったら、いーやぬっるい!!って叫びますよね。

 

でもよく考えてください、なんでぬるいんだろう?

 

もし今日の外の気温が36度だったら、ぬるいなーなんて言わないですよね?

 

なんなら灼熱まで感じると思います。

 

温度は同じなはずです、では何が違うのでしょうか???

 

なぜ、36度のお風呂はぬるい?

 

まず体の温度を測るときは脇や口の中などで測りますが、これは人の体の中でも温度が高い方です。

 

手先などは30度無い場合もあります。

 

そして体の中心部分、一番熱い箇所でだいたい37度くらいと言われています。

 

体温というのは場所によってムラがありますが、そのような中心部分は常に一定の温度に保たれていないと人間の体は不調になります。

 

余談ですが、体の体温を一定に保つ動物を恒温動物、両生類などの周りの温度に合わせて変化する動物を変温動物と言います。

 

よく中学校とかで習う内容です、忘れてた人は復習しておくよう!

 

なので人間は恒温動物ということになりますね。

 

例えば36度のお風呂にずっと浸かっていると体の表面から徐々に36度に近づいて行って、最終的に中心の温度が36度になります。

 

これでは体の調子は保たれない、かつ熱が体から奪われていくのでぬるいと感じる原因です。

 

ちなみに逆の状態もあって、もちろん体の中心が温まりすぎると”のぼせる”という状態になります。

 

まあ体温より低いからぬるいって感じるという、いたって単純な話です。

 

ではなぜ36度の気温だと暑く感じるのでしょう?

 

皆さんちょっとこの質問について考えてみてください。

 

時間を設けます、30秒、よーいどん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君絶対最速でスクロールしたやろ。

 

正解は、「熱伝導率」というものが関係しています。

 

熱伝導率っていうのは同じ温度でも物質によって伝える熱の速さが違ウノですが、その速さのことを指します。

 

例えばフライパンなどで料理しているとき、金属の部分は触れたら火傷しちゃいますが、取っ手の木の部分などは触っても平気ですよね。

 

空気の場合その熱伝導率が水の25分の1と言われています。

 

水は熱伝導率がいいので36度という人間より低い温度であればどんどん熱を体から奪っていきます。

 

f:id:healtper:20191029205448j:image

 

 

一方で空気は熱を奪いにくいので逆に体から熱が放出されにくくなり、体表面に熱がたまって36度の気温だと暑いと感じるようになるんです。

 

じゃあなぜ空気と水でそんなに熱伝導率が違うのでしょうか?

 

まず、熱というのは分子がどれくらい運動してるかによって決まります。

 

例えば、パーティー会場に分子が集まっているとしましょう。

 

その分子がめちゃくちゃ激しくダンスをしていたらフォー!と熱を帯びている状態です。

 

一方、分子が白けきって微動だにしていなければこれはめちゃくちゃ冷え切っています。

 

そして水と空気では水の方が分子の密度が大きいです。

 

要するに水と空気では同じパーティー会場の広さでも分子ちゃんの数が圧倒的に水の方が多く、盛り上がるときも白けきるときも分子の数が多いので、これが熱の伝導率の差になっています。

 

サウナも90度くらいですが、これは空気が90度だから耐えられるのであって、90度のお湯の中に入れられたらゆでダコになっちゃいます🐙

 

これも空気の熱伝導率が悪いがゆえに起こる現象ですね。

 

同じ温度でも熱伝導率が違えば、こんなにも僕たちの熱の感じ方が違うんだなあと実感するいい例では無いでしょうか?

 

皆さん、くれぐれもお風呂を沸かすときは40度くらいに設定してあげてくださいね。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました😊

 

また明日!

 

 

 

 

 

 

タイムカプセル、ブログもその一つ?

こんばんは!

 

1週間が始まりましたね、どうでもいいけどなんで月曜日から平日が始まるのに日曜日が週の初めの日ということになってるんだろう。

 

月曜日で良くない?

 

と思ったけど昔は土曜日も休みじゃ無いところが多かったし、それも関係あるのかな?

 

最近は寒くなってきて周りでも風邪をひいている人が多いので、張り切っていこうと思います。

 

「病は気から」これ結構信じてます笑

 

体幹トレーニング、始めてから約2週間経ちました、ちなみに1分半くらいは余裕でできる感じになってきました。

https://www.turatura.jp/entry/2019/10/13/160513

 

体づくり、大切ですよ!

 

さて、、、、、

 

皆さん、タイムカプセルを埋めた経験はありますか?

 

僕は小学校の頃と高校の時に埋めました。

 

小学校は自分の大切なもの(当時だとドラクエのフィギュアを入れた覚えがうっすらあります笑)と手紙、そして高校の時も手紙を埋めました。

 

高校の時の手紙の内容が「あなたは東大生になれましたか?」みたいなことを書いた記憶があり、タイムカプセルを開けるまでに早くこの記憶が消えて欲しいです笑

 

ちなみに過去の自分、受かったよ!🥴

 

タイムカプセルって埋めた場所が宅地開発などで紛失してしまったり、長年の雨水でどんだけガムテープでぐるぐる巻きにしてても浸水して中のものがダメになってたりするケースが多いみたいです。

 

タイムカプセル専用のキットみたいなのがあるっていうのは聞いたことあったので調べてみたところ安くて1万、高いもので10万円のものがありました。

 

それだけ思い出っていうのは残す価値があると考えられるってことですよね😌

 

タイムカプセルってこうやって書くと少し現実的で無いように思えますが、皆さん絶対一回は見たことあるはずなんです👀

 

建物の入り口とかで「定礎」という文字を見たことはありませんか?

 

この中身は建築図面などに加えて、その建物が建てられた当時の流行りのものや通貨などが入ってるそうです。

 

これもタイムカプセルなんだと思ったら少し親しみがわきませんか?

 

さて、私は先月に友人と旅行で小豆島に行ってきました。

 

f:id:healtper:20191028185824j:image

 

その時にエンジェルロードという場所に行ったのですが、その時の記事もあるのでぜひ読んでみてください!

https://www.turatura.jp/entry/2019/09/15/225453

 

 

さて、その旅行から約3週間ほどが経過した際にこんなツイートを目にしました。

 

 

海の中ずっとさまよってここに流れ着いたのだとしたら奇跡のように思えます。

 

だってここはエンジェルロードっていう潮の満ち引きの関係で現れたり無くなったりする道なんですよ!

 

ちなみに恋人と渡るのが定番らしいですが僕たちは堂々と男五人で渡り切ってやりました。

 

文字通り長く苦しい道のりでした😇

 

しかもツイートを参照する限り、中身の手紙も無事なようです。

 

塩などで容器が腐食しなかったのかなどが疑問に思えますが、本当に素敵な出来事だなって感じます。

 

もしかしたらこのブログも未来の僕にとって一つのタイムカプセルみたいなものじゃ無いですか?

 

未来の僕は僕が書いた記事を読んでどのように思うのでしょう笑

 

黒歴史?誇り?趣味?

 

ちょっと気恥ずかしいですが、僕のお笑いセンスに抱腹絶倒してることだけは間違い無いですね。

 

あ、未来の僕がみてたらこの記事消そうとしそうだけどそれだけはやめてね。

 

とりあえず過去の僕がみても恥じないくらいの量を追求していこう、質は後からついてくると信じます!

 

ということでこの記事は定礎に封印しておきましょう。

 

f:id:healtper:20191028185950j:image

 

ここまで読んでくださってありがとうございました😊

 

また明日!

生き物のいろいろ

※クマンバチの話をしており、下の方で画像を出しているので苦手な人はご注意を!

 

こんばんは!

 

今日は日曜日、サザエさんブルーに陥ってる人も多いのではないでしょうか。

 

実際、小学校の頃とかサザエさんを見るとまあまあ萎えた覚えがあります笑

 

一人暮らしを始めてからすっかりテレビを見る習慣がなくなりましたが、それまでは日曜日はサザエさん、鉄腕DASH、イッテQ、行列のできる法律相談所、このラインナップが豪華すぎてなかなか充実してたような気がします。

 

でも行列ができてるところ見たことないんですが、なんなら弁護士の人数がどんどん減っていった気がしますが、まあ細かいところは気にしないスタイルで行きましょう。

 

 

さて、今日の生き物のいろいろについて書きましょう。

 

バイオテクノロジーといえば、「遺伝子組み換えやiPS細胞といったいわゆるミクロな世界で顕微鏡を覗きながら難しい作業を行う」みたいなイメージを持ってらっしゃる方も多く居られると思います。

 

ただ今回はそんな難しい話ではなく、生物に関する面白い小話を紹介しようかなと思います。

 

「バイオミメティクス」という単語を耳にしたことある方はいらっしゃいますか?

 

その話をする為にまずはマジックテープのお話を少し。

 

マジックテープって皆さんご存知の通り、良く靴とかAdidasの財布とかで使われてるあのビリビリ!って音がなるテープのことです。

 

ちなみに僕はその靴も財布も今は使っていませんよ、本当です。

 

あれって何回外してもテープみたいにくっつく力が落ちることがないじゃないですか?

 

だから着脱が何回もできる不思議なテープという意味でこの名前がつけられました。

 

テープを良く見てもらったらわかるんですが、フックみたいになってる面と輪っかがある面があります。

 

その面同士を接触させた際にフックが輪っかに引っかかって外れなくなるという仕組みです。

 

この仕組みを発明する手がかりとなったのがゴボウの実なんです。

 

f:id:healtper:20191027214814j:image

 

 

小さい時公園などで遊んでいるとひっつき虫とかいって小さい緑色のタネが服にびっしりこびりついていた経験、皆さんありませんか?

 

あれ、服を燃やしたらすぐに取れたのでくっつき虫に襲われるたびに服を燃やしていました。

 

嘘です。

 

開発した人はゴボウの実が自分の犬にくっついているのをみてそこから着想を得たそうです笑

 

このように自然界には生き物が独自に発達させてきた構造があり、そこから工学に応用しようという学問がバイオミメティクスです。

 

なんか取っ掛かりとしては楽しそうじゃないですか?笑

 

他にもバイオミメティクスの例を挙げると

 

・サメ肌ー水泳用の水着

・トンボの複眼ーカメラのレンズ

・蛾の目ー無反射フィルム(蛾は夜に目で光が反射して敵にバレることが無いよう光を反射しない構造を持っている)

・ナメクジー接着剤

 

などがあります!

 

生物の構造はアイデアの宝庫というわけです!

 

話は変わって皆さん、クマンバチって知ってますか?

 

なかなか大きいハチでお花畑などで良く見かけます。

 

そのサイズゆえに結構逃げ出す人がいますが、極めて温厚な性格なんです。

 

f:id:healtper:20191027214909j:image

 

しかも、毒針は雌しか持っておらず自分から寄ってくることは滅多にありませんのでご安心を。

 

そのクマンバチ、今まで飛べる理由がわかってなかったんですよ。

 

サイズと羽の大きさがどう見てもマッチしてないんですよね笑

 

それで人間が出した結論が「クマンバチが飛べると信じているから」だそうです。

 

完全に居酒屋で出した結論ですね😇

 

ただ、最近になってわかったんです。

 

人間にとって空気ってサラサラですよね、というかサラサラすらも感じない、無なはずです笑

 

ただ、クマンバチは人間に比べて体がはるかに小さいので相対的に空気を組成する分子の大きさが大きくなるんです。

 

極端な例でいうと人間が水の中にいるような感じで、クマンバチにとって空気は粘度が高いんですよ。

 

だから飛べるっていうね(ドヤ)

 

へえへえへえへえ。👀

 

聞こえてきます。

 

この考え方は今では航空力学に大きな影響をもたらしています。

 

さて、生物に関するわからないことはまだまだたくさんある中、生物の研究をすることの意義が皆さんに少しでも伝わったでしょうか。

 

なんか難しい事やってる割には趣味の域を脱してないんじゃないかと思われるかもしれませんが、生物の研究って、、、、、大事なんです。

 

ここまで読んでくださってありがとうございます😊

 

また明日!

 

 

 

 

渋谷ハロウィン2019!

こんばんは!

 

今日は10月26日。

 

あと5日後にはハロウィンです!

 

ハロウィンはもともと外国の文化、仮装もオタクちっくと思われていたのは当の昔の話で、ディズニーが仮装をハロウィンイベントをスタートさせたことがブームの発端となったそうな。

 

そりゃあディズニーがコスプレしたらみんなやりたがりますよね。

 

天皇の即位の儀もディズニーでやってみたらどうでしょう、あっという間にみんな真似して天皇が3000万人くらい生まれますよ。

 

しかし。

 

しかしですよ、去年のハロウィンで渋谷のトラックが横転したの皆さん覚えてますか?

 

f:id:healtper:20191026194240j:image

 

この文、何も知らない人からしたら意味わかんないですよね笑

 

ハロウィンとトラック横転関係なさすぎwwwwww

 

ってなりそう。

 

去年の渋谷ハロウィンは本当に人間の集団心理の恐ろしさを知れる機会でしたね。

 

テンションが上がって狂喜乱舞する人たちが悪いこととわかってるはずなのに、「赤信号、みんなで渡れば、怖くない」状態でトラックをひっくり返して騒いでる動画はニュースなどでも取り上げられてました。

 

まず第一に「お前らなんのコスプレもしてないやんけw」というどうでもいい感想を抱いたのを覚えています笑

 

盗難や女性に対する痴漢や盗撮も相次いで発生したらしく、「なんと人間は愚かな、、、」と思うことにより誰でもムスカ大佐になれるイベントでした。

 

みんなもしかして家でムスカ大佐のコスプレをしてたのかな?

 

『みろ、人がゴミのようだ!!』

 

f:id:healtper:20191026194323j:image

 

今年は渋谷ではコンビニなどがお酒の販売を自粛したり警備や啓発などに1億円を投入するようで、、去年よりかはかなり良くなるんじゃないかなと思っています。

 

さて、渋谷とはまた別の場所、川崎市ではこちらもハロウィンの日本最大級のイベントが有名です。

 

https://kawasakihalloween.com/

川崎ハロウィン、略して「カワハロ」のホームページです。

 

明日日曜日にパレードが行われるらしいので近くの方は見に行かれてはいかがでしょう?

 

そのパレードも事前にチケットを購入した一般の方が参加する仕組みになっているのですが、渋谷のような暴徒化が起こらないよう主催者側も対策を練っているそうです👀

 

商店街や商業施設を巻き込んだイベントなので安全面に対する責任を負う主催者がいる、この事実が渋谷とはやっぱり違いますよね。

 

渋谷も夕方早くからイベント主催してパレード形式を導入すればいいのにー。

 

このパレードっていうのがなかなかミソだと個人的に思います。

 

だってパレードって一見自分たちが主体で楽しめるように聞こえますが、歩く時間とルートを強制されてるんですよ?

 

これって主催者側からしたらかなり管理が楽になるはずです。

 

それと、特に若者がこのようなイベントごとに参加したがる理由ってなんだと思います?

 

そりゃ一概には言えませんが間違いなくSNSが大きな理由ですよね。

 

コスプレしてかっこよく(可愛く)なった自分の写真とイベントに参加してるという事実をSNSにアップすればかなりの人が満足できそうな気がします笑

 

(そんな簡単に行かないのかな...?)

 

渋谷のセンター街などのお店もシャッターが破損するなどの被害もあったらしく、店側からしてもイベントを開く主催者とwin-winの関係を築けるのではないでしょうか。

 

今年は警備対策などに多大なる費用を投入すると先ほども書きましたが、このようなイベントをすることで参加者側からも参加費をいただけるので費用面でもやさしくなりそうな気がしますが如何なものか。

 

とは言えもうハロウィンはすぐそこ。

 

今年は僕がムスカ大佐のコスプレをしないで良くなるように祈ります。

 

めっちゃ関係ないのですが、去年Twitterで「地味な東大生のコスプレ」と普段の自分の写真をそのままアップしたらめちゃくちゃ滑った記憶があります。

 

僕はハロウィンが嫌いです。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました😊

 

また明日!